menu
閉じる
  1. amazon輸出 ゲームを有利に開始するには?
  2. amazon輸出コンプリートマニュアル 1周年記念価格+スペシャル特典…
閉じる

amazon輸出 女子 あかりんのamazon輸出と海外販売挑戦ブログ

amazon輸出 税制改正に伴う影響について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

shohizei日本amazonで販売している方はテクニカルサポートから通知が来ているかと思いますが、税制改正に伴い2015/10/1よりamazonの手数料(一部を除く)に対して課税が行われるようですね。

米国amazonのヘッドライン上にも日本居住者に対しての通知が掲載されていました。

amazon輸出 税制改正に伴う販売手数料の課税について(日本amazon)

日本amazonで販売している方は、今回の税制改正に伴って2015/10/1以降の利用分に対して消費税が請求されるとの事です。

課税対象となる販売手数料は、Amazon出品サービスに関してAmazonが請求するサービス料が該当(月間登録料、販売手数料、カテゴリー成約料、基本成約料など)との事なのですが、広告サービスやFBA手数料は既に課税対象になっているので税制改正による変更はないとの事。

文面だけでは良く分からない部分が多いのですが、月間登録料(大口契約時の月額利用料4900円)に消費税である8%が課税というのはまぁ分かるとして、影響が大きいのは販売時の手数料ですよね。

FBA手数料は既に課税対象になっているとの事なので、出荷作業手数料や発送重量手数料は多分変わらないという認識なのですが、月間保管手数料は課税対象となるのでしょうか???

米国amazon販売での税制改正に伴う販売手数料の課税は?

一番気になるのは米国amazon(amazon.com)での販売で、今回の税制改正に伴って販売手数料に影響があるのか?という所ですよね。

ヘルプの記載では、「Japanese consumption Tax」というタイトルになっており、

The following applies only to sellers on Amazon who reside in Japan.

Beginning October 1, 2015, Amazon will charge Japanese residents who sell on Amazon an 8% consumption tax on Selling on Amazon fees.

This impacts sellers on both Professional and Individual selling plans who reside in Japan.~~~

日本に居住している販売者が対象であり、2015/10/1より「Amazon fees」に8%の課税を行うという内容が記載されています。

日本amazonでの記載と同様にFulfillment by Amazonは影響を受けないとの記載もありました。

 

と言う事は、「amazon.comで販売する」日本に居住している(セラーアカウントの登録住所がJapanの場合)は、2015/10/1からの利用分に対して消費税が課税されるという意味合いで理解したのですが、詳細がこちらも良く分からないのでサポートへ問い合わせをしています。

課税されるとしたら、下記のように販売手数料が変わってしまう事になりますよね。

Variable Closing Feeが取られるゲームだった場合、

●今まで

販売価格 $50
Amazon Referral Fee(15%)  $7.50
Variable Closing Fee $1.35
ーーーーーーーーーーーーー
計 $8.85

●2015/10/1以降

販売価格 $50
Amazon Referral Fee(15%)  $7.50
Variable Closing Fee $1.35
ーーーーーーーーーーーーー
$8.85×1.08=$9.558
ーーーーーーーーーーーーー
計 $9.56

このような数字になるのかと思います。

関連記事

  1. xmas

    amazon輸出 クリスマス販売資格結果のお知らせ Toys &…

  2. free-talk

    amazon輸出 FBAのとある壁を・・・

  3. free-talk

    amazon輸出 amazon Webstoreが解禁?

  4. doll

    amazon輸出 利益計算の方法

  5. FM04

    amazon輸出 大打撃?朗報?システム変更

  6. track

    amazon輸出 スピアネットさんのサービス変更について

おすすめ記事

  1. amazon輸出コンプリートマニュアル 1周年記念価格+スペシャル特典で発売開始!
  2. amazon輸出 ゲームを有利に開始するには?

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (9)

    • AK
    • 2015年 10月 01日

    あかりんさん

    AKです。
    消費税法改正ですか。ついにAmazonにも消費税が課されるようになったのですね。
    1日本国民としてはこれは歓迎されるべきことであり、当然のことだと思いますが事業者としては複雑ですねw

    しかしこれらの消費税はどのみち仕入税額控除の対象になって還付されるのでは?と思います。
    日本Amazonでの販売手数料やその他の費用にかかる消費税は当然のこと、米Amazonに取られた消費税も還付されるのでは?

    ともすれば、実額的には影響がないということになるのでしょうかね。
    まあ資金繰りが悪くなるのでつらいのには代わりありませんが…w

      • akarin
      • 2015年 10月 05日

      AKさん

      こんにちは♪あかりです。

      Amazonに対しては世界各国で税金問題があったようですのでwいづれはこうなる結果にあったのかもしれませんよね。

      これからは、課税事業者で消費税還付を受けている方とそうでない方との差が増税の度に開いていってしまうのかもしれませんよね。

    • ちーまま
    • 2015年 10月 02日

    あかりんさん、こんにちは。

    アメリカは大口、カナダは小口と分ける事はできるのでしょうか?

    最初の登録で大口にしたのですが、カード明細をみたらカナダも数千円引かれていました。(アメリカより安いです)

    両方同じにしないとダメなのでしょうか?

    すみませんが、よろしくお願いいたします。

    • ちーまま
    • 2015年 10月 03日

    あかりんさん、こんばんは。
    先ほどコメントに書いた大口小口ではなく、アマゾンマーケットプレイスの引き落としでした。
    カードからcaとukが引かれていて、comはありません。
    今、出品しているのはcomだけで、caとukは登録のみです。
    なぜマーケットプライス費が引かれているのでしょうか???
    comは引かれないのでしょうか?

    caとukのマーケットプレイス費を止める事はできるのでしょうか?

    何だかよくわからなくてすみません・・・。

    よろしくお願いいたします。

      • akarin
      • 2015年 10月 05日

      ちーままさん

      こんにちは。あかりです。

      多分なのですが、amazon.comとamazon.ca両方のマーケットで販売者アカウント(大口契約)を取得されていらっしゃるという事でしょうか。

      もし、amazon.caに販売者アカウントを開設していて、そのアカウントを利用しない(あるいは削除してしまう)という事でしたら、「amazon.ca」のセラーセントラルにログインし、アカウントを削除してしまえば請求はこないかと思います。
      もし、間違ってしまいそうだと思われた場合は「amazon.caのセラーセントラルにログインして」小口に変更してしまえば月額の利用料は請求されない形になります。

      手続きを行う際に必ず「amazon.ca」のセラーセントラルに入って作業をして下さいね。
      もし間違って「amazon.com」のセラーセントラルで手続きを行ってしまった場合、amazon.comでの契約が小口や削除となってしまうので気をつけて下さい。

      ukの場合も同様に、大口契約で登録を行っていらっしゃると思いますので、利用されないという場合は上記同様に「UKのセラーセントラルにログインして」小口変更や削除を行う事が可能です。

      comの請求が来ていないとの事ですが(大口契約をしている場合)、可能性としては、
      ・1ヶ月の無料の期間内である
      ・売上から月額利用料が差し引かれている
      上記のどちらかではないかと思います。

    • おおはた
    • 2015年 10月 06日

    まいどです。あかりん様。これって、
    国内で消費税を納税している方は、
    USAでも消費税をひかれるとなると、
    二重納税じゃないですか?

      • akarin
      • 2015年 10月 06日

      おおはたさん

      まいどです♪

      なんか税関係って書いちゃいけないんだかアドバイスにあたった場合がダメだの良く分からないので、あくまでも自分の認識?の独り言として書きますがw(と言う事で違う場合もあるという逃げwの回答として受け取っていただきたいのですが)

      今まで海外拠点の会社が日本居住のお客に売っても消費税がかからなかったモンが、かかる事になって日本に消費税を納めなくちゃならなくなったという事で、米amazonのサービスも課税されるから課税分をセラーから徴収して日本に収める的な感じかなと。

      なので、「米国で」課税されるという事ではないですよね(なーんか説明が意味ふですが)。
      上でAKさんに記載していただいておりますが、仕入税額控除の対象になる認識なのですが。

      米サポートからの回答で月額利用料やFBA feeには今回かかんないんだよねと言われ(ただ、Thisという表現を使用しているので、今回なのか今後なのかがさっぱり分からない)、未だにはっきりとした線引きが良く分からなく、ん~~って感じです。(※2015/10/27追記 サポートからは月額利用料に消費税はかからないと返信があったのですが、誤りだったようで、かかっているようです。)

    • MAX
    • 2015年 10月 07日

    あかりんさん、こんにちは。

    >今まで海外拠点の会社が日本居住のお客に売っても消費税がかからなかったモン

    に関してですが物の場合は税関で把握できるので税金が取れるので、この場合は
    物ではなくデータやサービスということですよね。
    だた月額利用料にかからないのは意味不明です。

    またamazonさんだけ消費税取ってますけどpaypal,など他の海外サービス
    はまだ取ってないみたいなのでどうなるのでしょう・・・

      • akarin
      • 2015年 10月 13日

      MAXさん

      こんにちは。あかりです♪

      はい♪ すみません「モン」とか記載してしまい表現が曖昧ですよね。

      今回記載されていた内容を拝見したのですが、
      https://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/pdf/cross-kokunai.pdf
      電子書籍・音楽・広告配信等の電気通信回線を介して行われる役務の提供で、判定基準が提供を受ける物の居住や事務所の所在地に改正されたという事が記載されていました。

      課税方式がリバースチャージ方式だなんだと複雑で、正直私は全てを理解する事が難しく、月並みな回答となり申し訳ないのですが、やはり専門家に相談するしかないかなと思います。

      ※2015/10/27追記 サポートからは月額利用料に消費税はかからないと返信があったのですが、誤りだったようで、かかっているようです。

amazon輸出コンプリートマニュアル


amazon輸出コンプリートマニュアル


一周年を記念して、更にお求めやすい価格&スペシャル特典で発売開始!

amazon輸出に必須な受取口座サービス

amazon輸出 ツール



amazon輸出のリサーチ用ツールです♪
FBAに最適!

価格差だけでなく売れた個数が把握できる、リサーチを効率化することができるツール。
モノレートと同様に独自にAmazonから日々ランキング情報を取得して、売れた個数をカウントしてサーバーに保存している仕様となっています。





amazon輸出のリサーチ用電脳せどりツールです♪

海外amazonのデータ取得が可能になり、重量や梱包サイズ、送料のデータ取得機能が可能。FBA価格も取得可能となったツールです。






amazon輸出のリサーチ用ツールです♪

参考にしたいセラーさんの出品商品が根こそぎデータ取得できるツールです♪ FBA商品の参考にしたり、初心者さんの場合はトップセラーさん達の出品商品を勉強したりと使い方が底しれません!

メルマガ

ブログでは書けない、アマゾン輸出ぶっちゃけ情報を配信中!

※ご注意:メルマガ登録を行うと、ご登録のメールアドレスへ承認メールが送信されます(迷惑メールに振り分けられる場合あり)。承認メールに記載されている「Yes,subscribe me to this list」ボタンを押すと、メルマガ登録完了となりますのでご注意下さい。

自己紹介

amazon輸出女子 あかりん


ブログ運営者:あかりん


お知らせ:現在、ブログコメントへの返信はお休みさせていただいております。大変申し訳ございません。

ページ上部へ戻る