menu
閉じる
  1. amazon輸出コンプリートマニュアル 1周年記念価格+スペシャル特典…
  2. amazon輸出 ゲームを有利に開始するには?
閉じる

amazon輸出 女子 あかりんのamazon輸出と海外販売挑戦ブログ

amazon輸出 承認が必要なカテゴリーについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

shoruiこんにちは♪ ゴールデンウィークはいかがお過ごしでしたでしょうか。

私は自分にしてはめずらしい行動をしてきましたw(amazon輸出とは全く関係ないですが)

お休み明け、いわゆる5月病にならないようしっかりがんばっていきたいと思います!

承認が必要なカテゴリーについて

最近、このブログのコメントでもよく質問を受けるのですが、承認が必要なカテゴリーへ出品されたいという方が多いです。

特にbeauty、Health & Personal Careへ出品されたい方が多いように思います。

このカテゴリーは人気の商品が沢山ありますので、出品されたい方が多いと思うのですが、承認を受けるには若干ですがハードルが高めな事が知られています。

 

承認が必要なカテゴリーは、各カテゴリーで難易度にかなり違いがあります。

あっけない程すっと承認されてしまうカテゴリーと、これは売って欲しくないのではないか?wと思われる程厳しい審査が行われるカテゴリーがあります。

 

審査期間は短いので、承認されるかされないかは工程にもよりますが、早いと1日~2日で完了してしまいます。

今回実験で新たなカテゴリーにApprovalを申請してみたのですが(一応卸元は押さえて)、大変かもしれないなと思っていた審査は卸元の調査もなく承認されてしまったというw 割とスムーズに許可をもらえるカテゴリーもあります。

 

出品許可をもらいたい場合、申請ページは色々あるのですが下記からも行えます。

■Categories and Products Requiring Approval 
http://www.amazon.com/gp/help/customer/display.html/?nodeId=14113001

 

共通している基本条件は、

  • プロフェッショナル契約者である事
  • アカウントヘルスが健全である事(Order defect rate: < 1%、Pre-fulfillment cancel rate: < 2.5%、Late shipment rate: < 4%)

上記が前提となります。

 

その他はカテゴリー毎に条件が違うのですが、基本的にはコード(JAN、UPC)のある商品を売る事としないと面倒な事になります。

許可をもらえる条件の詳細は、amazonお得意の非公開なのでw 不許可の場合に何が悪かったのか、どうしたらいいのか等しつこく聞いてもあまり明確な返答はかえってこない事が多いと思われます。

 

申請を行うと、大体4パターンに回答が分かれます。

その1.お前は売らせてやんないよ、また挑戦しな~ あばよ! と不許可の連絡が来る。

その2.追加の情報を出しやがれぃと何かしらの情報提出を促される。

その3.出した情報が今一イケてないから再提出しろぃとダメ出しされ、24時間以内に再提出してね。じゃなきゃ今回はバイバイふふっと言われる。

その4.OK 売ってくれて嬉しいわ♪ この点に注意して販売してねと許可の連絡がくる。

 

実績がない状況で許可は出ないんじゃないかと思われる方もいると思うのですが、私の経験上実績は関係ないと思います。

洋服屋さんがamazonで販売を行おうとしたら、まずやる事はカテゴリーの出品承認を受ける事からはじめますしw

取得したての傷がついていないアカウントの方が逆にアカウントヘルスの面では有利かなと。

 

さて、ここで話は戻りbeauty、Health & Personal Careの申請ですが、何がハードルが若干が高めかというと、卸元からの購入明細が3通必要になるという点です。

この明細なのですが、amazonやヨドバシ等の小売店での購入明細では許可が下りないという事が事例として報告されています。

問屋などから発行されたそのカテゴリーに属する出品予定の商品の購入明細が3通必要だという事です。

ここで問題なのが、ネット問屋等のオンライン問屋はOKなのか、日本語の明細でOKなのかという点は提出してみないと分かりません。

amazonでは資格基準を状況によりコロコロ変えている可能性が高く、前は通用していた手が今ではダメだという事は十分あり得ます。

 

余談ですが、私は口に入れる物や肌に塗る物は対策を講じられない限り安易に手を出す物ではないという考えなのでw(FBA販売の場合は特にFDA関連で税関で止まるのがヤなのでw)その関連は売りませんがw

 

全カテゴリーに共通すると思うのですが、独自のネットショップは持っていた方が審査に通りやすいような感触があります。

私は一応自称ウェブ屋wなので、そこら変は得意分野ではあるのですが、今はレンタルサーバー借りて自動インストールで作ってしまえば何個でも作れますし(DBの制限はあるかと思いますが)、思う程難しい物ではない気が。

別の手段としては、フリーのネットショップも色々あるわけで、STORESやBASE、FC2ショッピングカートとか。

万全を期すなら多言語・通貨対応のzencartをレンタルサーバー借りて作る方法が一番いいのかもしれませんが。

ネットショップを構築しても、道路ひかなきゃ(イヤひいてあっても)お客はそうそう購入するものではないので、ダミーショップでも買われる事は万に1つ位かなとw(とんでもなく安い値段だとか、手に入らないような物を売っていれば可能性は上がるかもしれませんが)

 

あとは画像でしょうか。

amazonではカテゴリーによって、かなり大きなサイズの商品画像を提出しなければならない時があります。

また、背景が白で商品の写し方等かなり細かい基準がありますので、再提出を何回が行わなければならない時もあります。

できれば自身で撮影した物である事がベストではあるのですが、画像は審査用に提出する物なので、本来は何かしらの規則を犯してしまうのかもしれませんが、ネット上でお借りしてくるという方も多いと思います。

 

 申請は今現在は審査に通らなかったとしても、再度挑戦する事ができます。

 

amazon輸出とは全く関係ない編集後記

momoGWに私にしてはめずらしく都内に行ってきましたw(なにせ人ごみと電車が苦手なのでw)

どこに行ってきたのかと言うと・・・

 

ももクロちゃんの舞台w

 

一桁台の席だったので、ばっちり表情まで見る事が出来♪ 大感激でした♪

浮かれてパンフレット?まで買ってしまいましたw

 

もしかしたら歌ってくれるのかな?と思い、サイリウムなる物をw連れと購入してみたのですが、事前情報で必要ない事が分かり、そっとバックにしまいましたwww

お家で付けたり消したりしておりますw

関連記事

  1. honyaku

    amazon輸出 英語で質問する場合のコツ

  2. free-talk

    今後の出品の割合を考える

  3. onpu

    amazon輸出 メディア関連配送設定の裏技-設定方法-

  4. alerts6

    amazon輸出 FBAの自動返金保証システムに関して

  5. FBA-export

    amazon輸出 FBA Exportサービス

  6. enpitsu

    amazon輸出 輸出に関しての質問募集

おすすめ記事

  1. amazon輸出コンプリートマニュアル 1周年記念価格+スペシャル特典で発売開始!
  2. amazon輸出 ゲームを有利に開始するには?

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (18)

    • オッチー
    • 2015年 5月 11日

    こんばんわ、あかりんさん。本日大変なことが起きました。
    アマゾンUKからアカウントヘルスが危険(赤信号)になってしまいました。
    ドイツは黄色信号です。
    原因はLate Dispatch Rate(後期派遣レート)が遅れてしまったとのことです・・・。
    今後どう対策をすればいいでしょうか?

    以前アメリカでも危険になってしまいサスペンドになりました。
    細心の注意を払ったのですがこうなってしまい今無気力です・・・。
    情けないことですがよろしくお願いします。

      • admin
      • 2015年 5月 12日

      オッチーさん

      こんにちは。あかりです。

      欧州も、米国同様2015/3月時点でLate Dispatch Rateの算出方法が変わったようですよね。
      以前は発送日より3日を過ぎた時点で発送遅延とカウントされていたのですが、配送予定日よりも後に発送した場合、マイナス評価を受けるようになりました。

      対策としては注文を受けた場合、配送予定日までに必ず発送を行うようにして、スコアを改善するか、FBA販売を行うしか方法が無いのが現状だと思います><

      今後発送遅延を起こさないように、BMVD以外の商品でしか対応は取れませんが、発送までの日数(ハンドリングタイム)を発送できる期間へ調整する等の対策を行った方が良いかもしれないですよね。

    • おっちゃん
    • 2015年 5月 12日

    お世話になります。

    先日amazonより下記の内容が届きました。
    ~~
    FAXで身分証明書を送れといっているのでしょうか?
    質問ばかりですがよろしくお願いいたします。

      • admin
      • 2015年 5月 12日

      おっちゃんさん

      こんにちは。あかりです。

      記載いただきましたアマゾンからのメール内容は、念の為削除させていただきましたので、ご了承ください。

      内容拝見させていただきました。近日同様のメールを受け取った方が、ブログに書き込みをいただきましたので、事例と共にご紹介させていただきますね。

      指示された内容を、14日以内に指定されたFAX番号へ情報提出を必ず行ってください。
      指定期間内に提出を行わない場合、アカウントはClose処理されてしまいます。

      提出内容は、
      ・現住所を記載
      ・パスポートか運転免許証のコピー
      ・パスポートか運転免許証が現住所と一致しない場合は、本人名義の公共料金の請求書のコピーも添付
      ・アマゾンに登録されているメールアドレス
      ・Reference ID ●●●●●●●
      上記を記載のあるFAX番号へ送って下さい。

      コメント欄にご報告いただきましたかたは、上記提出を行いました所、無事処理されたようです♪

    • オッチー
    • 2015年 5月 12日

    ありがとうございます。
    発送予定日の締め切りを守らないとダメージは大きくなるんですね・・・。
    もしも欧州でサスペンドされた場合再登録は可能でしょうか・・・?

      • admin
      • 2015年 5月 13日

      オッチーさん

      アカウント停止となった場合、大変ですが、アマゾンへ改善プランを提出してアピールし、販売権限を復活させてもらうようお願いするしか手段がないのが現状かと思います。

      アカウントは削除となってしまった場合、再取得するには大雑把に言ってしまいますと別名義の情報や、IP、PCが必要になりますので、その情報を全て用意できる場合は、再取得する事が可能だと思います。

    • おっちゃん
    • 2015年 5月 13日

    ご連絡ありがとうございます。

    早速FAX送ってみます。
    提出内容のメールアドレス・Reference IDなのですが、手書き等で書いて、パスポートと一緒にFAXすればよろしかったのでしょうか?

    よろしくお願い致します。

      • admin
      • 2015年 5月 13日

      おっちゃんさん

      はい。
      現住所、メールアドレス、Reference IDを手書きでもいいので記載し、
      身分証明書のコピーと必要であれば公共料金の明細書のコピーも添えてFAXで送付する流れで良いと思います♪

    • オスギ
    • 2015年 5月 14日

    初めまして、Amazon輸出を初めて2週間目のオスギと申します。
    分からないことが有る時はいつも参考にさせて頂いております。

    記事の内容と全く関係ないのですが、一つ質問さて下さい。

    本日、米Amazonのカスタマーから問い合わせがあったのですが、
    googleで翻訳した所、「貴方の出品商品を私達が評価します」的な内容でした。
    フェイスブックやHPのアドレスも載っていました。
    これは勧誘メール的なものと考えています。

    あかりん様はこのような問い合わせが来た経験はありますでしょうか?

    このような問い合わせは、Amazonに疑わしい問い合わせとして報告した方がいいでしょうか?

    場違いな質問かと思いますが、宜しくお願い致します。

      • admin
      • 2015年 5月 14日

      オスギさん

      こんにちは。あかりです。

      ご報告の内容から考えますと、どうやら勧誘メール的なもののようですねw

      最近米amazonが不正な評価のサービス提供を行っている会社を訴えたとのニュースを拝見したのですが(このケースは商品レビューのサービスだったと思ったのですが)、まだやってる会社があるのですねw

      メッセージを使った営業メールは、とっても迷惑ですが結構きます。
      私は全て無視してClose処理を行ってしまいますが、Amazonに疑わしい問い合わせとして報告を行っても良いと思います。

    • オスギ
    • 2015年 5月 15日

    あかりん様
    返事が遅れて申し訳ありません。

    ご回答有難うございました。
    応答不要で処理をしました。

    ありがとうございました。

      • admin
      • 2015年 5月 19日

      オスギさん

      ご報告ありがとうございます♪

    • ムラオ
    • 2015年 5月 19日

    こんにちは あかりさん

    Amazon USのほうで承認してもらっているカテゴリでも
    Canadaのほうに出品しようとすると
    また新たにCanadaのほうでも承認申請しないといけない
    のでしょうか?

      • admin
      • 2015年 5月 19日

      ムラオさん

      今現在は、米国amazonで出品許可を受けているカテゴリーであっても、カナダamazonで許可を受けていない場合、出品が出来なくなっています。

      各国毎にカテゴリーへの出品許可が必要になりますので、とても面倒ですが><承認申請を行ってください。

    • ムラオ
    • 2015年 5月 20日

    あかりんさん返信有り難う御座います!!

    各国ごとにカテゴリ販売許可申請 地道に頑張りますね♪
    σ(^_^;)

      • admin
      • 2015年 5月 21日

      ムラオさん

      色々と各市場で操作が必要なので、頭こんがらがりますよね。
      がんばってください♪

    • けんじ
    • 2015年 10月 22日

    あかりん様

    お世話になります。

    Amazon輸出を始めたばかりのけんじと申します。

    あかりんさんのブログ、非常に参考になります。

    北米の統一の件で教えていただきたいことがあります。

    私は現在Amazon.comでFBAを利用して出品しておりますが、Amazon.caでFBAを利用して
    出品する際には、注文が入ると、Amazon.comのFBAで保管されている商品が横流しされるのでしょうか。

    つまりAmazon.comとAmazon.caで出品する商品はAmazon.comのFBAに倉庫に納品をしておけばOK
    なのでしょうか。

    突然の質問、誠に申し訳ありませんが、教えていただけると嬉しいです。

    よろしくお願い致します。

      • akarin
      • 2015年 10月 27日

      けんじさん

      こんにちは。あかりです♪

      >つまりAmazon.comとAmazon.caで出品する商品はAmazon.comのFBAに倉庫に納品をしておけばOK
      >なのでしょうか。

      現在の所、各国のFBA倉庫へ納品する必要があります。
      amazon.com市場は米国のFBA倉庫へ納品、amazon.ca市場の場合はカナダのFBA倉庫へ納品という事になります。

amazon輸出コンプリートマニュアル


amazon輸出コンプリートマニュアル


一周年を記念して、更にお求めやすい価格&スペシャル特典で発売開始!

amazon輸出に必須な受取口座サービス

amazon輸出 ツール



amazon輸出のリサーチ用ツールです♪
FBAに最適!

価格差だけでなく売れた個数が把握できる、リサーチを効率化することができるツール。
モノレートと同様に独自にAmazonから日々ランキング情報を取得して、売れた個数をカウントしてサーバーに保存している仕様となっています。





amazon輸出のリサーチ用電脳せどりツールです♪

海外amazonのデータ取得が可能になり、重量や梱包サイズ、送料のデータ取得機能が可能。FBA価格も取得可能となったツールです。






amazon輸出のリサーチ用ツールです♪

参考にしたいセラーさんの出品商品が根こそぎデータ取得できるツールです♪ FBA商品の参考にしたり、初心者さんの場合はトップセラーさん達の出品商品を勉強したりと使い方が底しれません!

メルマガ

ブログでは書けない、アマゾン輸出ぶっちゃけ情報を配信中!

※ご注意:メルマガ登録を行うと、ご登録のメールアドレスへ承認メールが送信されます(迷惑メールに振り分けられる場合あり)。承認メールに記載されている「Yes,subscribe me to this list」ボタンを押すと、メルマガ登録完了となりますのでご注意下さい。

自己紹介

amazon輸出女子 あかりん


ブログ運営者:あかりん


お知らせ:現在、ブログコメントへの返信はお休みさせていただいております。大変申し訳ございません。

ページ上部へ戻る