menu
閉じる
  1. amazon輸出 ゲームを有利に開始するには?
  2. amazon輸出コンプリートマニュアル 1周年記念価格+スペシャル特典…
閉じる

amazon輸出 女子 あかりんのamazon輸出と海外販売挑戦ブログ

amazon輸出 北米アカウントの統一について(US、CA)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

hokubei近日中にamazon.comのセラーセントラルの仕様が変更となり、北米アカウントとしてUS(アメリカ)、CA(カナダ)両方へ出品が可能となるようですね。

新規にアカウントを取得される方はもう新仕様になっているので、1つのアカウントで両amazonへの販売が可能になっているようです。

北米アカウントの統一仕様について

サポートをさせていただいている方から数件同様のご報告があり、現在新規にamazon.comよりアカウントを開設すると、USもCAもセラーセントラル画面で切り替えて管理できるようになっているようです。

欧州アカウントを取得されている方はご存じだと思いますが、一番上の国旗の部分にマーケットを選択するプルダウンメニューが表示され、国を切り替えて管理できる仕様に今後既存のユーザーもなるとのアナウンスがありました。

月額利用料は1つでカウントされるので、amazon.comとamazon.ca どちらとも販売活動を行ったとしても、プロフェッショナル契約の月額利用料は39.99ドルのみという事になるようです。

これは非常~に嬉しいのですが、既にカナダに実績のあるアカウントを持っている場合、どうするのか悩みますよね。

しかも、北米アカウントとして統一された場合に、米国とカナダどちらもアカウントを別々に取得している事は重複アカウントとなるのかどうかという点も気になります(マーケットが違うので重複にはならない可能性が高いのかなとも思いますが)。

で、私はどうしたのかというと

カナダアマゾンの取得済み販売アカウントは削除する事にしました(個別にアカウントを持っていたので)w

今後は米国アカウントの方で北米アカウントとしてカナダに販売する事にしました。

39.99ドル×2アカウント払うのはさすがに無駄だなと思いw(あっ カナダは29.99ドルでした)

 

カナダの受取口座はどうするか

カナダでの販売は、カナダドルでの販売になるので、できればカナダドルで受取りたいですよね。

米ドル口座ですと、アマゾンの通貨コンバーター経由になるので、費用が若干かかる事になると思います。

現在ペイオニアさんでは米ドルかユーロでの受取口座になってしまうと思うのですが、World Firstさんの場合はカナダドルで受け取る事が可能なようですので、口座開設を検討されてみるのも1つの節約手段かなと。

 

World First

 

World Firstさんの口座開設手続きは、現住所証明としてパスポートや公共料金の明細が必要なので、提出不可能な場合、郵送で確認書類を自宅へ郵送してもらい、その書類をもって住所証明手続きを行わなければならないようです。

上記の場合は開設までに時間がかかってしまう事が考えられますので、早く開設したい場合は前もって早めにお申込みして手続きをすませていた方がいいと思います。

今回の北米アカウント統一によって、カナダへの販売に挑戦される方が増えそうですよね♪

FBAの場合は、対応している会社もまだ少ないので、色々と調べていこうと思います。

※追記
World First様では、2014/4/21現在CAD口座はコンプライアンスが大変厳しく、口座開設できる数が限られているそうです。アマゾンカナダでの取引のある方が優先となり、追加資料が必要(アマゾンカナダの店舗リンク、アマゾンカナダの売上等のスクリーンショット)となり、開設も一ヶ月程かかる可能性があるそうです。

 

 

 

関連記事

  1. fba02

    amazon輸出 FBA販売手数料が値上げ予定

  2. oukan

    amazon輸出スタート時のアカウントの健全化

  3. xmas

    amazon輸出 Christmas Sellingの条件@アマ…

  4. free-talk

    イギリスamazonでの配送料金設定の不思議

  5. gra

    amazon輸出の人気恐るべし

  6. onpu

    amazon輸出 メディア関連配送設定の裏技-設定方法-

おすすめ記事

  1. amazon輸出コンプリートマニュアル 1周年記念価格+スペシャル特典で発売開始!
  2. amazon輸出 ゲームを有利に開始するには?

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (14)

    • みっちゃん
    • 2015年 4月 14日

    あかりん様 こんにちは。

    USアカウントでCAでも販売できるようになるんですね。
    FBAが利用できるならカナダでの販売もしてみようかなぁ…

    ところで、一つ疑問があるので質問させて下さい。
    実は今、新しくBeautyとHealth & Personal Careに
    カテゴリの承認申請をしようとしていて、確か申請には
    3通の注文書or領収書が必要だったと思うのですが、
    無在庫でこのカテゴリに出品しているセラーさんは承認が必要になる前から
    販売しているということなんでしょうか?
    注文書や領収書ということは当然在庫を持たないといけないですよね??

    それにしてもこのカテゴリの承認申請って結構ハードルが高いですね。
    前回は許可されなかったので、改めてトライするつもりなんですが、
    DVDの場合は、実店舗の領収書が不可のようですので、その他のカテゴリでも
    やはり実店舗の領収書だと却下される確率が高いでしょうか?
    あと商品の数量はいくつぐらいだと許可されるんでしょうか?
    許可が下りるかどうかもわからないのにたくさん仕入れるのはリスクがあるので、
    どうしたものかと悩んでいます。

    それで、前回の申請の時に日本語の領収書ではダメだと言われたので、
    インボイスを作って提出したのですが、このやり方で合ってるでしょうか?

    質問ばかりになってしまい申し訳ありませんが、教えていただけると幸いです。
    よろしくお願いします。

      • admin
      • 2015年 4月 15日

      みっちゃんさん

      こんにちは。あかりです。

      amazonは審査の基準や方法が随時変更になるのが悩ましい所で、更に審査規準の詳細は公開していないので、手さぐりでいかなければならない部分があります。
      また、カテゴリーによって審査方法や難易度がかなり違います。

      カテゴリーへの出品許可は以前は審査が無かった&ゆるかったカテゴリーがありますので、導入前に販売実績があった場合は、審査無しでそのまま現在も販売許可が下りている方もいらっしゃると思います。

      納品明細は日本の卸店の物でも審査が下りている方もいらっしゃると思います。
      但し、これもケースバイケースでアマゾンの判断になりますので、日本の卸からではダメだという場合もあると思います。

      共通しているのは納品明細の提出が必要なカテゴリーの場合、日本amazon等の小売店からの納品明細では通らないことが多い点だと思います。

      確かに通るか分からない商品を審査を通すためだけに仕入るのはちょっと勇気いりますよね。
      ただ、beautyカテゴリーの場合は非常に低額の物が該当しているので、かなり少額でチャレンジできると私は思います。
      数量に関してはここもアマゾンの判断になるので確証ではないですが、アマゾンはそれほど数量に関しては重点は置いていないという感触があります。
      要するにきちんとした仕入元から正規品を販売する優良なセラーであるのかというのを見ているのではないかという予想です。

    • さぶろー
    • 2015年 4月 15日

    こんばんわ、あかりんさん。
    さぶろーです。

    先日はありがとうございました。

    もう1つご質問がございます。

    今まで、米国アマゾンにおもちゃや文具のみ出品していましたが、
    音楽CDを出品したいと思っています。

    FBA販売する場合、音楽CDの送付先(納品先)は今まで扱っていたおもちゃや文具の
    送付先(納品先)と同じで宜しいのでしょうか。

    重ね重ねのご質問で申し訳ございません。

    宜しくお願いします。

      • admin
      • 2015年 4月 15日

      さぶろーさん

      こんにちは。あかりです。

      amazonの納品先倉庫はパターンによって違ってきてしまいます。
      ですので、一概にどこの倉庫に必ず指定されるという事が言えないんですよね。

      商品のカテゴリー、サイズ、数量や、同一倉庫オプションを申し込んでいるかによっても変わってきます。

      確かめる方法としては、FBAの納品プランを先に作ってしまい倉庫がどこに指定されるのか確認する方法がいいと思います。
      納品プランは削除する事ができますので、確認したらDelete planで削除してしまってください。

    • さぶろー
    • 2015年 4月 16日

    こんばんわ、あかりんさん。
    さぶろーです。

    早くて的確なご回答ありがとうございます。
    早速、実践してみます。

      • admin
      • 2015年 4月 16日

      さぶろーさん

      はい♪ がんばってみてください♪
      書き込みありがとうございました!

    • kenzuishi
    • 2015年 4月 16日

    こんちは〜
    アメリカとカナダのアカウントを別々に持っているので、さっそくカスタマーに直接訊いてみました。
    答えはアカウントの統合を希望するのなら担当部署にあなたの件を伝えておくので、待つようにと。何と申告制なのか?

      • admin
      • 2015年 4月 16日

      kenzuishiさん

      こんにちは!!お久ぶりです!!
      何とっ!申告制で統一できるのですね!
      いつも貴重な情報ありがとうございます♪

    • おおはた
    • 2015年 4月 18日

    まいどです。あかりん様
    カナダアカウントを持っていない自分ですが、
    カナダアカウントがないと、反映されないんでしょうか?

      • admin
      • 2015年 4月 21日

      おおはたさん

      まいどです♪ う~わっ お久しぶりです!w
      ここの所、お久しぶりの方にコメント頂けて嬉しいです♪♪
      カナダアカウントは持っていなくても自動で反映されます。
      順を追って追加作業をしているのかもしれませんので、もうちょっとだけ待てば、反映されると思います♪

    • おおはた
    • 2015年 4月 22日

    まいどです。あかりん様
    おおきにです。もうちょっとだけ待って
    なんもなければ、アマゾンに連絡します。

      • admin
      • 2015年 4月 23日

      おおはたさん

      はい♪ 他の方からも反映されていないという書き込みをいただきましたので、もうちょっと時間がかかるのかもしれないですよね。

    • みっこ
    • 2015年 4月 23日

    こんばんは。
    いつも拝見しています!
    宜しくお願いいたします。

    さて、カナダ&USのの統合アカウントの件ですが、FBAの場合、USの倉庫に預けているものもカナダ向けに販売できるということなんでしょうか?
    それともカナダの倉庫に送ることに変わりないのでしょうか^^;
    後者だと、月額料金を節約できるというくらいで、あまりメリットを感じませんが、どうなのでしょう~。
    カナダへの送料が高くてなかなかチャレンジできなかったので、もし前者なら嬉しいですが。

      • admin
      • 2015年 4月 24日

      みっこさん

      こんにちは。あかりです♪
      ブログ読んでいただきありがとうございます。

      今の所は後者ですw
      今後は欧州のようになる可能性はあるのかもしれませんが、今の所その発表はないようですので(グローバル配送もまだ一部カテゴリーしか対応していませんしw)今後に期待しますw

amazon輸出コンプリートマニュアル


amazon輸出コンプリートマニュアル


一周年を記念して、更にお求めやすい価格&スペシャル特典で発売開始!

amazon輸出に必須な受取口座サービス

amazon輸出 ツール



amazon輸出のリサーチ用ツールです♪
FBAに最適!

価格差だけでなく売れた個数が把握できる、リサーチを効率化することができるツール。
モノレートと同様に独自にAmazonから日々ランキング情報を取得して、売れた個数をカウントしてサーバーに保存している仕様となっています。





amazon輸出のリサーチ用電脳せどりツールです♪

海外amazonのデータ取得が可能になり、重量や梱包サイズ、送料のデータ取得機能が可能。FBA価格も取得可能となったツールです。






amazon輸出のリサーチ用ツールです♪

参考にしたいセラーさんの出品商品が根こそぎデータ取得できるツールです♪ FBA商品の参考にしたり、初心者さんの場合はトップセラーさん達の出品商品を勉強したりと使い方が底しれません!

メルマガ

ブログでは書けない、アマゾン輸出ぶっちゃけ情報を配信中!

※ご注意:メルマガ登録を行うと、ご登録のメールアドレスへ承認メールが送信されます(迷惑メールに振り分けられる場合あり)。承認メールに記載されている「Yes,subscribe me to this list」ボタンを押すと、メルマガ登録完了となりますのでご注意下さい。

自己紹介

amazon輸出女子 あかりん


ブログ運営者:あかりん


お知らせ:現在、ブログコメントへの返信はお休みさせていただいております。大変申し訳ございません。

ページ上部へ戻る