「amazon輸出 改正や変更に伴いFBAも無在庫も要注意ですね」続きを読む>>">
menu
閉じる
  1. amazon輸出 ゲームを有利に開始するには?
  2. amazon輸出コンプリートマニュアル 1周年記念価格+スペシャル特典…
閉じる

amazon輸出 女子 あかりんのamazon輸出と海外販売挑戦ブログ

amazon輸出 改正や変更に伴いFBAも無在庫も要注意ですね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ひっさびさの更新となりましたが、生きてますw

amazon輸出のブログ更新が滞っている間に、色々と大きな変更が発表されていました。

FBA販売の場合はFee変更は定期的に来るので、また変更だな程度かと思うのですがw、明日よりEMSが料金変更となります。

無在庫の場合は、High-Volume Listing Feeなる物が2016/8/1から導入されると記載がありました。

amazon輸出 EMS料金改定

2016/6/1より、EMSの価格が変更になります。

これによって、日本からの発送でEMSの送料設定をしている方は価格の変更が必要になってくると思われますが、準備はOKでしょうか。

忘れてしまっている人は今日中にやっつけておかないと、利益が出せないという事にもなりかねないので急いで変更だっ!

ちなみに、300gまでは廃止になったので、500gまでの計算になってしまいますので要注意です。

 

FBAの方も配送代行を利用している人は、価格改定が発表されていると思いますので確認しておきましょう。

スピアネットさんは、下記の記載がありました。
https://www.spearnet-us.com/fba/fba-ems.php

 

High-Volume Listing Feeが2016/8/1より導入されるらしい

FBA販売の方はあまり関係ないと思いますが、無在庫販売で大量出品されている方には要注意な改定の発表でしたね。

ちょっと内容が定かでない部分がありますが、10万件以上メディア以外の出品がある場合は、条件次第で1ASINに対して$0.005 課金するぞという内容のようです。

 

条件というのが

その1.activeな出品である事(出品中である事と思われます。inactiveとなっている場合は課金対象ではないらしい?)

その2.対象のASINは12ヶ月以上前に作られた物である場合

その3.誰も12ヶ月以内に販売実績がない物

 

う~ん条件の1は判断しやすいですが、2.3.は判断しにくいですよね。販売ページにDate First Availableの情報がある商品と無い商品があるように思いますし。う~~ん。もしかしたら、この規約が導入される時期に何かしら表示が出るようになるのかもしれないですね。

 

関連記事

  1. amazon輸出商品の日本アマゾンを使った詳細リサーチ方法

  2. amazon輸出 赤字を出さない為に

  3. amazon輸出 2016年度は円高か円安か?

  4. amazon輸出 無在庫販売の商品選定について

  5. amazon輸出 日本郵便のオンラインシッピングツールリニューア…

  6. amazonに直送する方法とインポーターのご紹介特典

おすすめ記事

  1. amazon輸出コンプリートマニュアル 1周年記念価格+スペシャル特典で発売開始!
  2. amazon輸出 ゲームを有利に開始するには?

amazon輸出に必須な受取口座サービス

amazon輸出 ツール



amazon輸出のリサーチ用ツールです♪
FBAに最適!

価格差だけでなく売れた個数が把握できる、リサーチを効率化することができるツール。
モノレートと同様に独自にAmazonから日々ランキング情報を取得して、売れた個数をカウントしてサーバーに保存している仕様となっています。





amazon輸出のリサーチ用電脳せどりツールです♪

海外amazonのデータ取得が可能になり、重量や梱包サイズ、送料のデータ取得機能が可能。FBA価格も取得可能となったツールです。






amazon輸出のリサーチ用ツールです♪

参考にしたいセラーさんの出品商品が根こそぎデータ取得できるツールです♪ FBA商品の参考にしたり、初心者さんの場合はトップセラーさん達の出品商品を勉強したりと使い方が底しれません!

自己紹介

amazon輸出女子 あかりん


ブログ運営者:あかりん


お知らせ:現在、ブログコメントへの返信はお休みさせていただいております。大変申し訳ございません。

ページ上部へ戻る