menu
閉じる
  1. amazon輸出 ゲームを有利に開始するには?
  2. amazon輸出コンプリートマニュアル 1周年記念価格+スペシャル特典…
閉じる

amazon輸出 女子 あかりんのamazon輸出と海外販売挑戦ブログ

amazon輸出 メディア関連配送設定の裏技

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

onpuおはようございます。あかりです。

本日はお日柄も良く~え~・・・・見事に寝坊しましたヽ(T-T )ノ

この時期花粉症で目があかないんですよね。目やにが悪いんです目やにがっ(いいわけ)

さて、腫れた私の顔はさておき、本日はamazon輸出の主力商品であるメディア関連の配送設定のお話をしようと思います。

amazon輸出を行なう場合、一番気をつけなければならないのは「ハンドリングタイム」だと私は思っています。

外国の方は日本人よりも時間を重視する事はないようですが、やはり評価をくれるお客さんはfeedbackに

「配送時間が早かった」

「思っていたよりも時間がかかった」

とのコメントを残す事がほとんどだと思います。(よく見ると、商品の内容よりも時間の事を書いてある方が多いですよね)

amazon輸出を無在庫で出品されている場合は仕入れまでに時間がかかる場合があるので、基本ハンドリングタイムは5日で設定している方がほとんどだと思います。

しかし、メディア関連商品はハンドリングタイムが設定できないので2~3日以内に出荷しなくてはなりません。

私はメディア関連はほとんど出品していないので、気づかなかったのですが、昨日何気なく見ていたら

「おや?メディア関連のハンドリングタイムが5日に設定されている人がいっぱいいる」

という事に気がつきました(おそっ・・・)

なるほど設定画面がついたのね。と思い簡単出品の画面を見ていても特にハンドリングタイムの設定画面なし。

ああ、「Inventoryの方からか」と思い画面を見てみたけれど設定画面なし。

ん?どうゆう事だ???

と思い、もしかしたらベストセラーの人だけに許されている設定なのかと思ったのですが、評価なしの人もハンドリングが設定されていました。

amazon輸出のメディア関連ハンドリングタイムの裏技

「ハンドリングタイムの裏技」なんていうたいそうなネーミングをつけてしまいましたがw実は設定は至ってシンプルでした。

別の方法もあるのかもしれませんが、やり方は「CSV」を使ってあげてしまいます。

ここまで書けば、「なるほどね」と思われる方がほとんどだと思いますが、次の機会に細かく設定方法を記載しておきますね。

ちなみに、表示はハンドリングタイムが変更された形になっていますが、実際にメディア関連が売れた場合にどうゆう表示になるのかは売れてないので分かりません(すみません)

多分、大勢のセラーの方がこの表示方法をとっているので、反映されるのだろうなという憶測の域を出ていませんが、実際に売れたらまたご報告させていただきますね。

 

 

関連記事

  1. amazon輸出 大打撃?朗報?システム変更

  2. amazon輸出 出品できるカテゴリーの確認方法

  3. amazon輸出 FBA商品の仕入先はamazon?

  4. amazon輸出 プライシングエラー(価格エラー)について

  5. amazon輸出 エープリルフールバージョン?

  6. amazon出品商品の価格崩壊について

おすすめ記事

  1. amazon輸出コンプリートマニュアル 1周年記念価格+スペシャル特典で発売開始!
  2. amazon輸出 ゲームを有利に開始するには?

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

amazon輸出に必須な受取口座サービス

amazon輸出 ツール



amazon輸出のリサーチ用ツールです♪
FBAに最適!

価格差だけでなく売れた個数が把握できる、リサーチを効率化することができるツール。
モノレートと同様に独自にAmazonから日々ランキング情報を取得して、売れた個数をカウントしてサーバーに保存している仕様となっています。





amazon輸出のリサーチ用電脳せどりツールです♪

海外amazonのデータ取得が可能になり、重量や梱包サイズ、送料のデータ取得機能が可能。FBA価格も取得可能となったツールです。






amazon輸出のリサーチ用ツールです♪

参考にしたいセラーさんの出品商品が根こそぎデータ取得できるツールです♪ FBA商品の参考にしたり、初心者さんの場合はトップセラーさん達の出品商品を勉強したりと使い方が底しれません!

自己紹介

amazon輸出女子 あかりん


ブログ運営者:あかりん


お知らせ:現在、ブログコメントへの返信はお休みさせていただいております。大変申し訳ございません。

ページ上部へ戻る